当サイトのドメインは過去、www.efbweb.orgで運用されていた

前回の記事では、なぜ当サイトが中古ドメインを利用しているのか等についてご紹介しましたが、実際に中古ドメインを運用するとなった場合は、SEOの観点から、最初にサブドメインの有無を確認し、過去の運用状況に合わせてサブドメインの設定をする必要があります。

その多くはサブドメインに「www」を入れるかどうか、になります。

当サイトで利用している中古ドメインでは、過去にサブドメインの「www」が含まれた状態で運用されていたので、「https://www.efbweb.org/」と設定していますが、本記事ではこの点について解説します。

なぜサブドメインの有無を確認する必要があるのか?

中古ドメインを入手する際、「aaa.com」のようにサブドメインが無い状態で購入や契約をすることが多いと思いますので、サブドメインの存在を忘れがちです。

サブドメインというのは、「aaa.com」の場合では、例えば「www.aaa.com」や「bbb.aaa.com」のことを言いますが、実際に中古ドメインを利用する際は、サブドメインを過去の運用状況に合わせないと、SEO効果が最大限得られない可能性があります

なぜなら、Googleでは「aaa.com」「www.aaa.com」「bbb.aaa.com」を、それぞれ別のドメインとして区別するからです。

Googleでは「wwwあり」と「www無し」では別ドメインとして区別される

中古ドメインを利用するにあたって、サブドメインの有無を確認すると「wwwあり」か「www無し」が大半ですので、「bbb.aaa.com」というような「www」以外のサブドメインについては割愛しますが、Googleでは「wwwあり」と「www無し」では、別のドメインとして区別され、SEOにおける観点でも評価が別となります。

Googleの「Search Console ヘルプ」にある「検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド 」の「サイトの階層を整理する」でも以下のように記載されています。

Google では「www を含む」バージョンと「www を含まない」バージョン(例: 「www.example.com」と「example.com」)が区別されます。

もし、「www.aaa.com」でWebサイトを運用しており、「aaa.com」ではなく、「www.aaa.com」に対して被リンクを受けていた場合は、「aaa.com」よりも「www.aaa.com」の方が、SEOの観点では高い評価なるため、中古ドメインとして「aaa.com」を入手した際は、「www.aaa.com」に設定して運用しなければ、SEOの効果を最大限享受できないことになります。

このようなことから、事前に、中古ドメインの過去の運用状況を調べ、サブドメインありか無しを確認した上で、ドメインの設定をする必要があるのです。

SEO上の評価を数値で検証する

弊社では自社で開発した「ドメイン査定ツール」という社内用のSEOツールがあります。

ドメイン査定ツールでは、そのドメインに対する被リンク数や被リンクの質をはじめ、ドメイン年数等、数百以上のデータを収集、弊社独自のアルゴリズムで算出し、ドメインにおけるSEOの強さを数値化します。

弊社ではその数値を「パワーランク」と名付けました。
以下は、当サイトで運用しているドメインのパワーランクです。

アクセスジャパンの自社用SEOツール「ドメイン査定ツール」の調査結果

社外秘のため、データの詳細は公開できないのですが、2018年5月30日現在、パワーランクは以下となっています。

  • 「www.efbweb.org」:62.9
  • 「efbweb.org」:61.2

上記のように、「www.efbweb.org」の方が、「efbweb.org」よりもパワーランクが 1.7 高く、SEOに有利と判断できます。

なお、ドメイン査定ツールは2019年以降、一部無料SEOツールとして、当サイトにて公開する予定です。

中古ドメインのサブドメイン有無を調べる方法

当サイトのドメインは、弊社で運営している「アクセス中古ドメイン 」で実際に販売されていた中古ドメインですが、アクセス中古ドメインでは、ドメイン販売ページに「過去の運営URL」を掲載しているので、こちらをご確認いただければ、以下のようにサブドメインの有無を簡単に調べることができます。

アクセス中古ドメインでの「efbweb.org」販売ページ

その他、入手した中古ドメインが過去に「wwwあり(www以外のサブドメイン含む)」または「www無し」のどちらで運用していたかを調べる方法については、アクセス中古ドメインのコラムにて詳細を解説していますので、ご覧下さい。

中古ドメインの運用サブドメインを判定するには